トップページ > 私たちの取組み > そんぽ24スタッフ便り

私たちの取組み そんぽ24スタッフ便り ダイレクトアドバイザー・事故対応スタッフからのメッセージ、日頃の取組みなどをご紹介しています。

  • 私たちの取組み
  • そんぽ24スタッフ便り
  • 社会貢献活動
2015年 12月4日

電話応対コンクールを終えて

4月

社内コンクールの実施

5月

池袋地区大会・テープ審査出場者の決定

8月

テープ審査への参加

池袋地区大会への参加

10月

東京大会(池袋地区大会突破、もしくはテープ審査突破が条件)

11月

群馬での全国大会(東京大会突破が条件)

公益財団法人ユーザ協会主催の「テープ審査」にダイレクトアドバイスセンターと他部門を合わせて23名が挑戦しました。

ハナコアラ

結果

優秀賞1名 → 東京大会出場決定!

同「第54回電話応対コンクール池袋大会」にダイレクトアドバイスセンターと損害サービス部から5名が挑戦しました。

ハナコアラ

結果

優秀賞1名 → 東京大会出場決定!

優良賞1名

メルパルクホール

10月のさわやかな秋晴れの中、同「第63回電話応対コンクール東京大会」が開催されました。
そんぽ24からは、テープ審査・池袋地区大会を突破した2名のダイレクトアドバイザーが挑戦しました。
今年の会場は、港区芝公園のメルパルクホールという1,582席を備えた本格的なホールです。

東京支部内の11の地区大会およびテープ審査の参加者1,043名の中から、代表に選抜された62名のうち全国大会への出場は、上位4名という難関への挑戦です。競技は、3分間という短い時間ですが、今年の4月から東京大会当日に至るまで競技者は練習を重ね、ダイレクトアドバイスセンターでは皆が一丸となってサポートしました。
大会当日は、役員を含む10数名の役職員の応援団が見守る中、競技者たちは全力で競技に臨みました。結果、今回初めて1名が特別賞を受賞することができました。惜しくも全国大会の出場は果たせませんでしたが、全国大会まで、一歩前進したことを実感しています。
この原稿が掲載される頃には、全国大会も終わっています。当社の今年の挑戦は、東京大会で幕を下ろしましたが、来年の全国大会出場を目標に、今日から更なるお客さまの満足度向上を目指します。

出場者Aさん

池袋地区大会から勝ち進み、東京大会で特別賞を受賞することができました。他の競技者の応対を聞き、まだまだよりよい応対ができるはず!と思いました。お客さまに成長し続ける応対を感じて頂けるよう、これからもがんばります。

出場者Bさん

今回、初めて東京大会に進出できました。残念ながら入賞は逃しましたが、他の参加者の応対を間近で見聞きすることで自身の応対を見直すことができ、とても実りのある経験ができました。全国大会出場を目指して、また次回も参加したいと思います。

2015.12.4 ダイレクトアドバイスセンター

ページトップへ